SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

玉乃鮨 白ガリ日記

玉乃鮨のこだわりの原点である白いガリ(白ガリ)をタイトルつけた日記
私(tuka)が出会った日々の出来事などを綴らせて頂こうと思っています。
<< ガリ6月の報告 | main | お知らせ11月22日(土曜日)夜は貸切です。 >>
無事 工事終了いたしました。
0
    工事も終わり予定どうり金曜日からお店を始めることができました。

    耐震のため壁に新たにヒノキの柱が入り、腰板も杉からサワラに変えました。壁紙も張り替えたので全体として明るくなった感じです。色調は同じなので気付かない方も多いのですが。柱に赤(銅板)を巻いたりしたのでその辺を見ていただけたらと思います。


    今週はどこを工事したか常連さんでもわからなかったようで説明を繰り返すのが大変なほど混み合う日が多かったです。再開をまっていてくださったかたが多かったのかと思うとありがたい限りです。

    ランチでは相変わらずアジ丼の人気が根強いですね。

    三陸丼も老若男女問わず受けています。農家をやっている親父のお姉さんが育てた甘い新たまねぎのスライスが山ほど乗っかっているのが受けているようです。食欲が落ちるこの時期さっぱり美味しいですね。

    今週からは季節のメニュー 「ポッポカラマレッティー」を始める予定です。昨年好評をいただいた玉乃鮨のイカ飯です。お楽しみにどうぞ。

    | 日々の玉乃鮨 | 23:21 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    お兄さんへ

    お元気ですか?ホームページとこのブログをみさせていただきましたが、お腹はグーグー鳴るわ、よだれは止まらないわ、で精神的に参りました(笑)。次回帰ったときは、毎日お店に通って、まずは丼ものを制覇しなくっちゃ!ご両親にどうぞ宜しくお伝え下さい。
    | あき | 2008/07/12 9:08 AM |

    お初にお邪魔いたします。
     やっとこさっとこ夏休みになりました。とはいえ、昨今の私どもの業界は、なかなかどうして大変でございます。そんな時は、美味しい食事と温泉が一番です。
     先日、久しぶりに「幸太荘」に出向きました。貸切の露天ができたのを知らなかったので、かれこれ3.4年は行っていなかったでしょうか。
     美味しいお鮨をいただいたのも、工事の前でしたのでご無沙汰しております。今度フライが好きな方が、是非お父さんのカナダのお話を聞きたいと言っていましたので、近々伺いたいと思います。
     
    これからが暑さも本番です。お体ご自愛くださいませ。

    | くいしい | 2008/07/21 11:29 PM |

    あきちゃん
    いよいよ帰国ですね。先日お会いしたおとうさんおかあさんは8月が待ち遠しいようでしたよ。
    今思えば長くあえなくなると思っていた頃がうそのようです。
    たくさんの収穫があったと思います。帰ってきたら異国での出会いを聞かせてください。。
    今頃は荷造りと、おわかれでいそがしいでしょうね。
    想像するに、林芙美子が「人生ってさよならばかりね」とつぶやくのもわかるし井伏鱒二が「サヨナラダケガ人生ダ」というのもわかる感じです。
    それだけ出会いがあったのですから。
    そちらは暑いと聞いております。体に気をつけぶじにお帰りになるのをお待ちしています。
    日本も暑いけどね。日本には玉乃鮨があります。玉乃鮨の夏「がわ」を用意してお待ちしています。
    | tuka | 2008/07/27 12:11 AM |

    くいしいさん
    「幸太荘」ずいぶんとご無沙汰です。春、祖母の米寿の祝いに行くはずでしたがかなわず洋食スコットのクリームコロッケ、ビーフシチューもあわせて祖母も私もずいぶん悔やみました。

    天然鮎や鮑の焼けている姿を想像してしまいうらやましい限りです。

    東京湾の穴子や、新子、北海道のウニ、新秋刀魚などくいしいさんのお好きなものが入ってきております。ランチのアジ丼には大阪湾の小イワシも入って玉乃鮨も夏モード。夏休みといえどお忙しいと思います。食欲全開で暑い夏を乗り切りましょう。ご来店をお持ちしております。
    | tuka | 2008/07/27 12:33 AM |










    http://blog.tamanozushi.com/trackback/1138468